読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活失敗したニートの就活記

就活失敗したダメな大人の体験記

Web系の開発会社編

今回の会社は3次面接まであってやっとおわったのでご報告。

複数回行うと書いてあったんですが、3回もあるとはおもいませんでした。

応募は普通にハローワークからいきました。

そこは大学の成績証明書とか必要だったんですが、ハローワークの担当の人が気を利かせてくれて

既卒だからなしでもいいかと言ってくれて履歴書類だけでよくなった。

 

本社にきてくれとのことなので、わざわざ県外までいきました。

社員100人規模の会社だけあって大きなビルの中に会社があった。

会社の前に内線用の電話があって、それで呼び出すと担当者が出てきて部屋に案内された。

簡単な応接セットがある部屋でぼくのほかに2人いた。

ぼくを含めて3人で待っていると担当の人がきて、Web知識がどれだけあるのかを調べるための紙を渡された。

ぼくはhtmlやcssphpなら触る程度の知識がある。

お遊び用のサイトをいくつかつくってた経験があるので、知っているという感じで設問にチェックした。

すると、それを持って担当者が退席して面接を開始するので、順番がきたら呼ぶとのことでした。

順番がくると、面接室のような部屋で面接が開始された。

 

続きを読む

ジョブカフェへ経過報告

今日は経過報告をしに、ジョブカフェへ行ってきました。

誰に経過報告っていうと

担当のキャリアカウンセラーさんに就活に状況をお知らせする。

 

どうですかと聞かれたので、これまでの面接の経緯を伝えた。

先日の工場は面接落ちでした。

 

履歴書などでおかしいところがないか更に確認をして

面接の練習も少ししました。

そのほか、求人を紹介してもらったのでまた書類を送ってみることにしました。

 

続きを読む

工場の面接

次は工場の面接へいってきました。

食品加工の工場で、名前をいえば誰でも知っているような大企業の工場です。

すこし山手側にある場所にあって、駅からのバスで数分といった場所です。

 

工場の受付から案内されて、待合室のようなところで待っていた。

すると担当の人がやってきて、名前の確認をとっていた。

時間がたつともう一人やってきて、ぼくより一回りは上であろうかという人だった。

こんな人も受けに来るのかと、興味津々でした。

すると時間がやってきたのか、ぼくを担当の人が呼んで面接室に。

 

続きを読む

IT企業編

この企業は、ハローワークに電話をしてもらって

指定した日に履歴書類を持ってくるように言われた。

 

電車で3駅ほどの距離でした。

会社につくと、会議室のような場所に連れて行かれた。

すると、ぼくの他に何十人も座って待機していた。

こんなに人がいるのかと驚いた。

時間になると、担当の人がやってきて会社の説明会をはじめた。

その内容は

実際の業務内容や社員の勤務の様子、研修があることなどを説明するものだった。

この会社は、SEやPGの求人で未経験でも応募可能なものでした。

三ヶ月の研修期間を経て

自社のパッケージ商品の開発保守の仕事や派遣先でSEとして働くのだとか。

 

続きを読む